お肉のこと お肉のこと

  1. ホーム
  2. お肉のこと

部位の紹介

  • タン
  • カルビ
  • ハラミ
  • ロース
  • モモ

みんなが大好き「カルビ」 みんなが大好き「カルビ」

みんなが大好き「カルビ」

この部位は牛が呼吸をするために使う筋肉で、きめ細かい肉質とこってりとした甘さが特徴です。溶け出した油を少し焦がすくらいの焼き加減がおすすめ。

ビールやハイボールなど炭酸飲料との相性はバツグンです!

ファンが愛してやまない「タン」 ファンが愛してやまない「タン」

ファンが愛してやまない「タン」

有名な部位ですが、実は約500kgの牛から約1~2kgしか取ることができません。

薄切りの場合は片面のみ、厚切りの場合は両面を低温でじっくり焼いて食べるのがおすすめです。

低カロリーでヘルシーなお肉「ハラミ」 低カロリーでヘルシーなお肉「ハラミ」

低カロリーでヘルシーなお肉「ハラミ」

牛の横隔膜のうち、背中側の部位で、適度な脂肪分を含んでいます。そのため、肉のうま味が強いのが特徴です。おすすめは1cm以上の厚切り。より旨味を感じられます。

噛めば噛むほどあなたはハラミのとりこに♪

色々な料理で大活躍!「ロース」 色々な料理で大活躍!「ロース」

色々な料理で大活躍!「ロース」

「ロースト(焼く)に適している」ことから”ロース”と呼ばれています。牛ロースには、きめが細かく濃い旨みをもつ「肩ロース」、柔らかく脂の濃厚な旨みをもつ「リブロース」の2つがあります。

肩ロースは焼肉やすき焼きに、リブロースはステーキやしゃぶしゃぶにするとそれぞれの良さを最大限に活かすことができます。また、赤ワインとの相性はバツグンです!

っぱりとお肉を食べたい方におすすめ「モモ」 っぱりとお肉を食べたい方におすすめ「モモ」

さっぱりとお肉を食べたい方におすすめ「モモ」

ひとくちに「牛モモ」といっても2種類あり、それぞれちがったオススメの食べ方があるんです。内モモは脂肪とクセが少なく柔らかいため、焼肉やローストビーフにするのがオススメ!

外モモはかためだが濃厚な味わいと甘さがあるため、すき焼きや煮込みにするのがベスト!

ページのトップへ