もとぶ牛がおいしい理由 もとぶ牛がおいしい理由

  1. ホーム
  2. もとぶ牛がおいしい理由

愛情を持って接するスタッフ

「安全で安心できる美味しい牛肉」を目指し、出荷する牛はすべてトレーサビリティ(固体識別番号)で管理するだけでなく、およそ2,000頭の牛を、スタッフ1人当たり150~300頭程度の担当を決めて飼育。毎日の健康状態を欠かさずチェックしているから、病気や体調不良にもすぐに気づくことができます。なによりも「牛にとって心地よい環境を作ってやりたい」というスタッフの思いが、牧場の美しい風景から伝わってきます。

また、1つのケージの中には入る牛は5頭。適度なスペースを保ち、ゆったりと過ごさせることで、牛同士の関係性にも配慮し、ストレスのない環境を整えています。

発酵飼料を始め、成長に合わせた肥育

オリオンビール粕などを使って作るオリジナルの発酵飼料を作成。月齢や、牛のタイプに合わせた飼料の与え方を検討し、バランス良く成長させるように配慮しています。

発酵飼料を作るのはこの道25年のベテランスタッフ。オリオンビール粕に配合飼料と糖蜜を混ぜ、長年の経験から最適な水分量でつくります。

10日〜14日ほど寝かせ発酵させて完成。繊維質が豊富で消化にも良いので、甘くて柔らかい肉質になります。

丁寧な肥育および繁殖による
沖縄育ちのブランド

生後9ヶ月の子牛を仕入れ、20ヶ月ほど丹精込めて肥育し、700~750㎏ほどに成長させてから全国に出荷するのと同時に、繁殖母牛より、優良な子牛を産ませる取り組みもしています。

沖縄育ちのブランド牛として「農林水産大臣賞最優秀賞」を受賞しています。

ページのトップへ