スタッフ募集

この冬食べたい!もとぶ牧場商店おすすめ商品♪


寒い冬に食べたくなる料理といえば、すき焼きやしゃぶしゃぶ。 今回お届けするのは鍋料理にぴったりの「もとぶ牛モモスライス」「もとぶ牛ローススライス」です。 お肉の特長はもちろん、オススメの食べ方もご紹介しているのでぜひご覧ください♪


もとぶ牛について


blog1218_1.jpg

甘くてやわらかい風味豊かなブランド牛「もとぶ牛」

もとぶ牧場では、ビール粕を利用したこだわりのオリジナル発酵飼料を使用しています。南国の気候と徹底した管理が生み出す甘みはもとぶ牛ならでは。


もとぶ牛モモ


blog1218_2.jpg

脂肪分とクセの少ない牛モモはあっさりながらもとろけるような口当たりが特長。
野菜との相性も抜群なので鍋料理にもピッタリです。
ご購入はコチラから→http://www.motobu-farm-market.com/?pid=122689399


もとぶ牛ロース


blog1218_3.jpg

赤身と脂の絶妙なバランスの良さが際立つ牛ローススライス。
味はもちろん、見た目の美しさもトップクラスです。
ご購入はコチラから→http://www.motobu-farm-market.com/?pid=51244347


すき焼きで召し上がる場合

blog1218_5.jpg

すき焼きには「関東風すき焼き」と「関西風すき焼き」の2種類あります。
割り下で具材を煮るのが関東風すき焼き、肉を焼きつけて砂糖や醤油を直接入れるのが関西風すき焼きです。

全国的に広まっているのは関東風すき焼きですが、お肉本来の旨みを存分に楽しむなら「関西風すき焼き」がベスト。
甘みのあるもとぶ牛には、少し甘めのすき焼きだれがオススメです。


しゃぶしゃぶで召し上がる場合


blog1218_4.jpg

完全に解凍してしまうと肉汁や栄養素が流れ出てしまうので、解凍しきる前の「もう少しかな?」という段階がベスト。
また、和牛の肉を加熱したときに感じられる甘い香り"和牛香"が最も強くなるのが80℃だと言われています。
しゃぶしゃぶにおいても、鍋の温度を80℃前後にするのがオススメ。

ポン酢でさっぱり食べるも良し、ごまダレでしっかり味わうも良し。クセの少ないもとぶ牛は、その日の気分や好みに合わせてお楽しみいただけます。


自慢のお肉をベストな状態で食べていただくために

もとぶ牧場ブログでは、オススメの食べ方やお肉の豆知識を紹介していきます。
次回の更新もお楽しみに♪


 

前の記事: 知っておきたいギフトマナー
次の記事: 冷凍したお肉を美味しく解凍する方法

ニュースブログ一覧
沖縄県国頭郡本部町字大大嘉陽472  農業生産法人もとぶ牧場  TEL:0980-47-5911
All Rights Reserved, Copyright (c) motobu-farm