和牛の祭典2017 in みやぎ・もとぶ牧場より3頭出場  

皆様こんにちは

9月7日より、宮城県で「第11回全国和牛能力共進会・和牛の祭典2017 in みやぎ」が開催されます。
この大会は5年に1度開かれ、『和牛のオリンピック』とも呼ばれております。
全国の優秀な和牛が一堂に会し、改良の成果やその優秀性を競う全国大会です。

その大会の肉牛の部に、もとぶ牧場からも3頭出品させて頂きます。
今回は、種牛の部で久米島から5頭、伊江村から4頭、
肉牛の部で本部町から3頭(もとぶ牛です)、沖縄市から2頭、合計14頭が沖縄県代表として参加し、
全国から集まる他県代表の牛達と競い合うことになります。

実は平成19年10月に鳥取県で開催された第9回大会にて、もとぶ牧場からの出品牛が、
若雄後代検定牛郡第8区の部門で上位の「優等賞」8席を受賞し、
沖縄県内初の全国トップテン入りを果たしているんですよ(自慢です!!)

その後第10回大会にて県代表が5位になっており、そちらが県の最高記録となっております。

今回沖縄県として3位以内の入賞を目標としていますので、
是非その栄冠はわがもとぶ牛に!と、スタッフ全員力が入っています。

是非皆様も、県代表が多数上位入賞!という結果がニュースで流れることをご期待ください!


20170830_kiji.jpg

平成29年8月30日「琉球新報」より記事抜粋

月別 Archives